令和3年度第2回全体会 情報提供

演題:「カーボンカーボンニュートラルへ向けた動きと、地域企業に求められること」
講師:東北経済産業局 資源エネルギー環境部 電源開発調整官 松田 吉紀 氏

講師プロフィール:
昭和56年 仙台通商産業局(現:東北経済産業局)に入局。電力関係、中小企業施策関係部署を経て、東日本大震災後の平成24 年には宮城復興局に出向し、参事官として復興業務に従事。 平成25 年より東北経済産業局、調査課長、中小企業課長、電力・ガス事業課長、資源エネルギー環境課長を経て現職。

昨今の異常気象に見られるように、CO2 削減は国民全体の喫緊の課題であり、国も2030 年までCO2 排出量の46%削減(2013 年度比)を宣言。我々産業人、特に中小企業には、どのような影響が予想されるのか、何に取り組まないといけないのかを、会員皆で考える機会になりました。

第1回全体会同様、第2回全体会もコロナ感染状況からzoomウェビナーを使用して開催いたしました。 東北経済産業局様よりリモート参加にて情報提供いただき、会場へは理事と事務局が集会し、開催の様子を会員へ同時配信いたしました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる