【平成 26 年度補正ものづくり補助金事業】 軌道用分岐ゲージの量産化技術

「軌道用分岐ゲージ」

【平成 26 年度補正ものづくり補助金事業】
(株)畠茂商店が、技術開発し商品化。
駅構内で、列車の進行方向を振り分ける「分岐」が、 正しい状態に維持されているかを計測する、管理用計測機器。
(株)畠茂商店が開発し、文部科学大臣賞を受賞。
本補助金事業で、量産技術を確立し発売。全国の保線会社で使用されています。

「新幹線用軌道ゲージ」

東日本大震災で大きな被害を受けた東北新幹線は、 復旧まで多くの時間を要しました。

【平成 23 年度補正予算震災復興イノベーション創出実証研究事業】
(株)畠茂商店、冨田マテックス(株)、マイクロコンピューターサイエンス、東北大学大学院高研究室と連携開発。

震災を契機に、企業連携・産学連携で新幹線新設や 復旧に貢献する計測装置「軌道ゲージ」の開発に取組み、商品化しました。平成 28 年度、鉄道用各種計測機器等の開発に取組んで来た(株)畠茂商店が、はばたく中小企業小規模事業者300社に選定されました。(平成 28 年 5 月 25 日)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる